ギターワイヤレスホルダーのおすすめ!低予算ならコレ

こんにちは!

 

 
北海道旭川市のバンド
Soothing hearts as one(スーシングハーツアズワン)
Gt(ギター)の よしひろ。です。
今回も好き勝手なこと書きます。

 

以前、ワイヤレスにした!
という内容のブログを書きました。

 

 
その続きです。

最近のワイヤレスは
デジタル方式を採用していて低価格で高性能なものが多いです。
しかも!ノイズが少ない!!

トランスミッターも小型化されていて
ギターに直接差し込む物もあります。

 

 

でも!
トランスミッターのデザインが、かっこわるい!
って思ったことありませんか??


 

 
そんな、あなたに朗報です!
俺がやっている解決策を教えちゃいます!!
おすすめします。

 

デジタルギターワイヤレスは、
結構たくさん販売されていますね。

中国メーカーが多いようですが・・・

 

 
今のおすすめは、低価格なものですね。
Line6、BOSS、Xvive・・・でしょうか?

俺は価格と話題性。レビュー評価の評判から
Xviveを選びました。


 
目立つのは
トランスミッターの「デザインの悪さ」

ギター本体に直接取り付けるようになっているものが多いですが、
ギターに付けると「かっこわるい」

 

 
これって「大問題!」なのですよ。

せっかくワイヤレスにしても「かっこわるいんじゃ~ねぇ」と、敬遠している人もいるはず。


 

 
かっこ悪いなら「ホルダーに入れてストラップに付けちゃえ!」と思ったのです。

でも
「せっかくトランスミッターが小さくなったのに、
以前のように背中に背負うのかい??」
って意見の人もいるでしょう。

時代錯誤のような気もするけど、これでトランスミッターのデザインの悪さもカバーできる!
と考えたのです。

そうなると
ワイヤレスシステムはLine6を選ぶのが妥当なのですが、
お金をかけたくなかったので、

「トランスミッター直刺しタイプを背中に背負う」
と決断!

そうなると、必要になってくるのが
ワイヤレスホルダー。です。

 

 
探してみると
ワイヤレスホルダーって種類が少ない。

ESPかGrecoか・・・
でも、デザインが・・・

他は、ハンドメイドの本革製とか。。。(ハンドメイドは高いなぁ。。)

 

 

 

で、
ひらめきました!

 

 
手に入れたワイヤレスXvive U2のサイズって、タバコの大きさに近くない??
って思い
タバコケースを調べてみると、

お!
今流行りのアイコスケースの種類が豊富!なことに気が付いたのですよ。
「サイズもピッタリ!じゃん。」

これなら低予算で実現できそうです。

 
で、
アイコスケースをギターワイヤレストランスミッターホルダーにすることにしました。
(ちなみに俺は非喫煙者ですよ)

(アイコスケースの型番等は忘れてしまいました!ごめんなさい!!!
確か、合成皮革製で2000円くらいだったと思います。)

 

ケースをストラップへ取り付ける方法は・・・
手芸店で革の端切れとスナップボタンを購入。

自分で端切れを切って、ボタンを取付。
これでストラップにホルダーを付けることが出来るようになりました。


 

 

ギターのアウトジャックからワイヤレストランスミッターまでのシールドは自作。
自分で長さを決めて、ジャック部分は半田付け。

で、
トランスミッターとシールドは、
フォンケーブル延長用アダプター(フォン(メス)- フォン(メス))
で接続!



 

 

 
これで
ワイヤレストランスミッターを背中に背負うことが出来るようになった!


 

これだと
トランスミッターのデザインが見えないから
どんなメーカーのワイヤレスでも使える!!

中国メーカーの安いワイヤレスでもいいかも!!
(こんど6000円くらいのワイヤレス試してみようかな??)


 

 

 

90年代のルカサー、
ハイラムブロック、
アンガスヤングのように動きながら弾けるぞ!!!

でも・・・
動きながら弾くのってとってもムズイ!

さあ!動きながら弾く練習だ!